昔、レタス農家で...

かなり前の話、高原野菜が流行った頃、野辺山のレタス農家に短期のアルバイトで住み込んだことがあります。
畑の向こうの端が見えないくらいの広大な畑で、ひたすら苗を植えていました。

ある日、農家のご主人が何かの用事でハウス内の苗への水やりができなかったため、自分にその仕事がふられました。気軽にハーイと、お庭のお花に水をあげる感覚ですませたのですが...

数時間後、大目玉をくらったのです。

というのも、自分が水をあげた苗がみんな、しゅ〜んとくたびれてしまっていて...008.gif

幸い発見が早かったため、そのまた数時間後には苗くんたちは元気回復していましたが、自分の水やりがいい加減だったことを、すご〜くすご〜く反省した日になりました。b0189238_1530794.jpg


さて、4月から参加させていただいている「長久手農楽校」でも、「苗に水をあげる当番」というのができました。
まずはビクビクした思いでのぞみ、もちろん苗は無事だったのですが、やっぱすごいプレッシャーでしたね。

今思えば、レタスの苗はトマトやキュウリの苗と比べても、すごく小〜さいベビーちゃん苗でした。だからあんなデリケートだったのかしら...。

☆写真のキュウリ苗はすでに定植済みで、今はもう少し大きくなっています001.gif

[PR]
by hinataboko09 | 2011-05-18 15:36
<< facebookページ開設しました〜 6月レッスンのごあんない * ... >>